韓国語学習支援サイト 

日録・回答・お知らせ TOP

 管理者による日録(朝鮮語関連のトピック、その他)と、ご質問やお問い合わせへの回答、当サイトからのお知らせを随時掲載しています。
 日録と申しましても、単なる日記ではございません。朝鮮語に関わりがあることに限った日々の出来事をお伝えすることで、弊サイトをご覧になる皆様が朝鮮語にお触れになることができることを目的とした日録です。ものすごく大変なことです。手間がかかっておりますので、お楽しみください。

※最新の日録を表示しています。

2018.04.21(土)
 管理者の拙著『ひとりでもどんどん学べる はじめての韓国語』はおかげさまで第二刷が発売中です。管理者の努力ではなく、出版社の編集者様の努力の賜物にほかなりません。
 皆さんが買ってくださって朝鮮語を学んでくださると素直に嬉しい管理者です。
そして、編集者様の努力が報われるのも嬉しいことです。

 ちょちょっとやってすぐわかる、などという甘い言葉で読者を釣るほどの芸も度胸も無いかわりに、中身のみっちりさ、切り口の鋭さ、猫のイラストの可愛さで勝負です。
何でしたら、管理者はご依頼をくだされば拙著を使った出張講義だっていたしますぞ。独習用の本ですけど、やりますとも。

 そんな拙著ですが、このたび台湾で繁体字版が出版されました。
どういうことなんでしょうかなあ...。不思議。


『無師自通!韓語文法基礎課』
 台湾の日月文化出版集團という版元が、拙著の日本の版元であるアスク出版に台湾での翻訳と出版をオファーしたのが2016年の冬だったろうと思います。アスク出版の編集者様から、台湾からオファーがありますよとお知らせしてくださったのが2016年末でしたから。
その後、日台の版元様同士であれこれの交渉をなさって、翻訳もして、今年2018年3月に台湾で繁体字版の出版ということになったようです。
 物がきちんと刷り上がって販売開始されてから広報を、というアスク出版の編集者様からのご指示があったので、管理者は半ば忘れながらもワクワクして待っていたのでありました。 いやあ、ほんとに出来上がるもんだなあ。

 今日、家に著者献本が届いたので広報開始OKということでしょう。
「無師自通|先生なんかいなくたって、自分でできちゃう!」だそうです。はい、そのとおり。そういう本です。

○日月文化出版集團の拙著ページ
 > EZ叢書館 > EZ KOREA > 『無師自通!韓語文法基礎課

○オンラインショップ「博客來」の拙著ページ
  『無師自通!韓語文法基礎課


 広報と言ったってですね、どうしたもんでしょうか。誰向けにお薦めすればいいのかな。

 日本で朝鮮語を学んでらっしゃる日本語母語話者の方が、ちょっと中国語にも興味があって(それも繁体字、台湾華語)、同じ元の本を日本語と中国語で見比べて楽しむという、まったくニッチな楽しみ方を推奨すればいいのでしょうか。

 このサイト、じつは台湾からのアクセスもけっこう多いので、こうやって日録に書けば、わずかなりとも版元様と台湾の日本語学習者(韓国語学習者かな?)のお役に立つのかもしれません。
台湾の皆さーん、買ってくださいね!
請買我寫的有趣的韓文學習書!

...中国語には無い「助詞」や「語尾」の概念が難しいと思うのですが、そこらへんは日本語原本を忠実に移し替えています。
台湾の読者の皆さん、だいじょうぶですか?

 ともあれ、日本発の韓国語教本が台湾で出版されるのは、まずまず珍しいことだろうと思います。
台湾にお出かけの際は、どうぞ書店にてお求めになってくださいね。かなり変わったお土産になること間違いなしですぞ。
お値段は、ええと300元(日本円で1,096円。2018年4月21日現在)。オンラインだと237元。
これは...おかずの小菜3品に魯肉飯をお替わりして、食後のタピオカミルクティーの合計くらいではなかろうか、と。食い過ぎですね。
高いんだか安いんだかわかりませんが、ほかならぬ管理者が本の中身については保証いたします。

それでは、素敵な台湾旅行を!
...あれ? こういう広報か?


※これ以外の記事は各年度のボタンをクリックまたはタップして各年度のページにお入りください。
初級から先の朝鮮語  初級までの朝鮮語・初級からの朝鮮語